« ムクゲコノハがいた頃 | トップページ | アブラゼミの声紋 »

2010年9月 6日 (月)

アナグマの死-日光

 週末、日光を車で走っていると、道ばたに動物の死体があるのを見つけました。車を止められるようなところではなかったので、歩いて引き返すと、アナグマでした。

Anaguma
 大きな外傷は見られませんでしたが、場所から交通事故死でしょうか。可哀想です。
 ハエがたかり、お腹がふくらんでいるので腐敗が進行しているようです。死後1日くらいの感じです。それにしても見たことのない野生動物、見たいと思っていた野生動物と死体との対面は残念です。
 中型以上の日本産ほ乳類を見てやろうとがんばっているのですが、なかなか見ることができなかったのが、このアナグマです。日光では、市街地の近くの別荘地でも見たという人がいます。また、カミさんは奥日光で見ていますから、けっこう広く分布しているようです。いずれにしても夜行性で警戒心の強いほ乳類を見ることは、知識と経験に加えて”運”が大きく左右します。
 今度は、ぜひとも生きたアナグマを見てみたいものです。
 あとは、中大型のほ乳類で見ていないのは、ツキノワグマだけです。この出会いは、いろいろ”運”が必要ですね。

« ムクゲコノハがいた頃 | トップページ | アブラゼミの声紋 »

観察記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アナグマの死-日光:

« ムクゲコノハがいた頃 | トップページ | アブラゼミの声紋 »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ