« アナグマの死-日光 | トップページ | 10月の『朝の小鳥』は大久保農耕地 »

2010年9月 7日 (火)

アブラゼミの声紋

 暑いだけあって昆虫たちは元気です。とくに、セミがにぎやかです。
 網戸にとまったアブラゼミを腹側から録音してみました。それも、数cmも離れていない距離からです。PCM-D1による96kHz/36bitの高品位での録音です。
 そして、声紋を見ると、とても美しいパターンとなりました。

Aburazemiseimon

 左右は1分15秒。天地は48,000Hzまで表示しています。
 音は、次のとおりです。アップするためには、容量を減らさざるをえません。時間を30秒に短縮し、96kHz/16bitから44.1Hz/16bitに変換、さらにmp3に変換していますので、実際の音とは異なりますことをあらかじめご了承ください。

「aburazemi08082700.mp3」をダウンロード

 メインの音は10,000~15,000Hz にあることがわかります。もう私には聞こえない音域ですから、その下の5,000Hzあたりの音をかろうじて聞いていることになります。また、30,000Hz以上にまで、うっすらと倍音が見えます。これらの音すべてが、織りなすアブラゼミの声。とてもではありませんが、カタカナで表現できるわけがありません。

« アナグマの死-日光 | トップページ | 10月の『朝の小鳥』は大久保農耕地 »

観察記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アブラゼミの声紋:

« アナグマの死-日光 | トップページ | 10月の『朝の小鳥』は大久保農耕地 »

2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
無料ブログはココログ