« 悔しい講演会-鳥の博物館 | トップページ | 細密画を楽しむ »

2010年10月12日 (火)

鳴かない白鳥-コブハクチョウの声

 昨日、我孫子駅から手賀沼のほとりを歩いて鳥の博物館に行きました。途中、カイツブリが鳴いたりモズの高鳴きを聞きながらの湖畔の道、木陰は気持ちが良いけれど日向はかなり暑かったですね。
 水の館あたりの公園は、人も多く賑わっていました。この時、池の方から聞いたことのない声が聞こえてきました。こんな声です。録音機はPCM-D1、かなり加工編集しています。

「mute_swan1010103.mp3」をダウンロード

 声の主は、コブハクチョウ。初めて聞く声です。コブハクチョウの英名はMute Swan、直訳すれば”消音白鳥”です。鳴かない白鳥というわけです。
 以前、公園の池にいるコブハクチョウの声を録ろうと1時間以上粘ったことがありますが、近づいた人への威嚇のときに「シャーッ」というような声を一声だしただけ、一瞬のことで録音のチャンスを逃し録れませんでした。蒲谷鶴彦先生もコブハクチョウの声は未収録で『野鳥大鑑』にも入っていません。それだけ、鳴かない鳥の声があっけなく録れてしまいました。
 しかし、よく見ると鳴いているコブハクチョウには、コブがありません。どうやら幼鳥のようです。見回すと、この鳥以外に5、6羽のコブハクチョウがいてほとんどが幼鳥でした。遠くで、鳴き合いながら泳いでいるのも幼鳥。幼鳥は、よく鳴くようです。
 この幼鳥の鳴き声にはいろいろあって、そのなかに「ミューッ」と聞こえる声があるのに気が付きました。ミューと鳴く白鳥でした。

« 悔しい講演会-鳥の博物館 | トップページ | 細密画を楽しむ »

観察記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鳴かない白鳥-コブハクチョウの声:

« 悔しい講演会-鳥の博物館 | トップページ | 細密画を楽しむ »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ