« 春のきざし-奥日光 | トップページ | 『朝の小鳥』4月分収録-難題のツバメのさえずり »

2011年2月28日 (月)

春のきざし-ハシブトガラス

  昨夜は、日光から帰ってきたので外食となりました。
 その帰り、信号を待っていると足下に針金ハンガーが落ちているのに気がつきました。それがこの写真です。

Hangaer
 この信号の近くのゴミ集積場は、10数m離れています。捨てられたハンガーが、そこから転がってきたとは思えない距離です。ハシブトガラスが、巣材として運んできたものを落とした可能性があります。ハシブトガラスは、巣材に針金ハンガーを良く使用します。針金ハンガーは丈夫で長持ち、カラスの活動の範囲内にある手頃な巣材なのでしょう。
 東京のハシブトガラスの巣材運びが見られるのは、普通3月中旬です。さかんに行われてるのは4月に入ってからです。ちなみに、駒込でハシブトガラスの巣材運びがもっとも早く見られたのは、3月5日(2000年)です。もし、このハンガーがハシブトガラスの落とし物ならば、もっとも早い記録となります。
 ハシブトガラスの春のきざしでしょうか。

« 春のきざし-奥日光 | トップページ | 『朝の小鳥』4月分収録-難題のツバメのさえずり »

観察記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/556172/50996006

この記事へのトラックバック一覧です: 春のきざし-ハシブトガラス:

« 春のきざし-奥日光 | トップページ | 『朝の小鳥』4月分収録-難題のツバメのさえずり »

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ