« 講演会の準備ー今度の日曜にむけて | トップページ | ソフトのおかげで-『朝の小鳥』のスタジオ収録 »

2011年2月 1日 (火)

気になるニュース

 知人からの問い合わせで、気になるニュースがあるのを知りました。
 英文です。
 http://www.theepochtimes.com/n2/content/view/46647/
  日本語です。
 http://gigazine.net/news/20101130_alaskan_birds_beak_deformities/
  アメリカのアラスカからワシントン州にかけて、嘴がおかしな小鳥が見つかっているというものです。写真を見ると、嘴が交差してまるでイスカのようになってしまっています。アメリカコガラでは成鳥で約6.5%、カラス類では17%が発症していると言うのですからかなりの高率です。
 1980年代に同じくアメリカの五大湖周辺でウの仲間で、同じような嘴がイスカのようになった異常が報告されNHK特集かクローズアップ現代で流れた映像を記憶しています。このときは、ダイオキシンやPCBがその原因とされていたと思います。今回も、同じように化学物質が疑われています。
 私は、ハシブトガラスで同じような嘴を見ています。場所は上野公園でした。2000年頃だと思います。食べ物を取りにくいために人に近く餌をもらっていました。また、カラス仲間のHさんも都内の公園で見たと報告をくれたことを思い出しました。東京のハシブトガラスは、私たちと同じものを食べいるだけにとても心配したのですが、人を襲うカラスは悪者といった報道のなかに埋もれてしまいました。
 それにしても、このニュースは去年の11月30日に流れています。それなのに日本ではあまり報道されていませんね。少なくとも私は知りませんでした。なにか理由があるのでしょうか。これも気になります。

« 講演会の準備ー今度の日曜にむけて | トップページ | ソフトのおかげで-『朝の小鳥』のスタジオ収録 »

徒然」カテゴリの記事

番組・報道」カテゴリの記事

コメント

 自己コメントです。
 F岡さんから、下記のようなレポートがあることを教えていただきました。
レポート
気になる野鳥のくちばしの奇形 林吉彦
http://www.bird-research.jp/1_newsletter/html/2_3/BRNewsVol2No3.html
 考えてみればバードウォッチャーよりバンダーのほうが、こういう遭遇が多いわけですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/556172/50751185

この記事へのトラックバック一覧です: 気になるニュース:

« 講演会の準備ー今度の日曜にむけて | トップページ | ソフトのおかげで-『朝の小鳥』のスタジオ収録 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ