« ムクドリのごちそう-トカゲを食べる | トップページ | 観察会と評議員会 »

2011年3月 5日 (土)

コゲラの春-頭の赤い羽毛

 今日、六義園に入ったとたん、2羽のコゲラが出迎えてくれました。
 1羽は「ギーギー、キョキョキョ」と鳴いて目の前のケヤキの枝先でさかんに何かついばんでいます。よく見ると、頭の羽毛を逆立ててします。そして、その隙間からかすかに赤い羽毛が見えました。

Pygmywoodpeckerredhead
 雄のコゲラです。この赤い羽毛を見たのは、数えるほどしかありません。記憶では3回目、滅多にないチャンスです。
 どうやらこの2羽は番のようです。雄のこの赤い羽毛の意味は、おそらく雌に見せるためのものだと思います。「キョキョキョ」は、おもに春に聞かれる声ですから、これも繁殖に関わるアピールだと思います。コゲラが春を迎え、繁殖の準備を言ったところでしょう。
 コゲラは、赤い羽毛を見せる、「キョキョキョ」と鳴く、ドラミングと、繁殖期にはさまざまなアピールをしていることになります。それぞれの意味は、どのように違うのが知りたいところです。

« ムクドリのごちそう-トカゲを食べる | トップページ | 観察会と評議員会 »

観察記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コゲラの春-頭の赤い羽毛:

« ムクドリのごちそう-トカゲを食べる | トップページ | 観察会と評議員会 »