« カラフトムシクイの謎 | トップページ | 地震-六義園の蓬莱島が崩壊 »

2011年3月11日 (金)

地震-本の雪崩が起きた

 今日は、地震のネタ以外、考えられませんね。
 まずは、被災された方々にお見舞い申し上げます。皆様におかれましては、大事なきことをお祈りいたします。
 私は、地震のときは家の自分の部屋にいました。最初は、ゆっくりとした揺れで緊迫感はありませんでしたが、だんだん揺れが大きくなりモノが落ち始めました。最後には、本棚の本が雪崩を打って落ち始めパニックって来ました。コンピュータのモニターを押さえていたのですが、本棚が倒れたらやばいと思って居間の方へ移動。居間にあるスピーカーが倒れてしまったので、慌てて元に戻しまた倒れないように押さえていました。その間にも、私の部屋ではドシドシ、本が落ちていく音がします。正直、録音をしようなどという発想はおきませんでしたね。あとで考えれば、貴重な音が録れたことと思います。
 一段落して部屋に戻るとその惨状に唖然。本棚の上に置いてあった雑誌系がコンピュータに置いてある机に向かって雪崩となって崩れています。モニター用スピーカーは棚が壊れたので落ち、コードでかろうじてぶら下がっているのがわかります。

Jisin1

 左右にある本棚に上にあった雑誌や報告書が、交互に落ちたようで報告書の上に野鳥誌、その上に日本鳥学会誌、そしてBirder誌と断層となって折り重なっていました。

Jisin2

 現在、家の前の本郷通りは上り下りとの大渋滞で、ほとんど車が動いていません。下り方向に歩いて行く人の群れがとぎれません。このような風景は初めて見ました。
 今のところ、電気、ガス、水道、インターネットは生きています。ただし、マンションのエレベーターは停止、携帯電話はまったく通じません。
 いずれにいたしましても、カミさんともども怪我もなく無事でおりますので、ご安心ください。

« カラフトムシクイの謎 | トップページ | 地震-六義園の蓬莱島が崩壊 »

徒然」カテゴリの記事

コメント

 みなさまご無事で何よりです。
 こちらも、妻+2匹は無事です。

 私は地震発生当時、中禅寺湖畔の職場にいたのですが、立っていられないほどの揺れではありませんでした。部屋の中は硝子器具や薬品など危険なものがいっぱいなので、皆で外に出ていました。揺れの前に不気味な『ゴー』という地鳴り(山鳴り?)の音が何回も。はじめて聞く音で、雪崩とはまた違う迫力でした。さいわい、薬品類は何ともなかったようです。おそらく、日光市内などより揺れは小さかったものと思います。

 帰りのイロハ坂(下り)も心配だったのですが、道路に亀裂が一ヶ所あった位で、大きな崩落等はなかったようでした。でも、その後も揺れが続いているので、油断は禁物です。

A部様
 ご無事で何よりです。
 山鳴りが何回もしたとのこと。いったい山鳴りの元はなんなのでしょうね。低重音なので、録音は難しそうですね。
 こちらは、いまだマンションのエレベーターが復旧せず、息を切らせて7階の上り下りをしております。被災地の惨状に比べれば軽微な被害と思って、身体にむち打って登っています。
 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/556172/51093504

この記事へのトラックバック一覧です: 地震-本の雪崩が起きた:

« カラフトムシクイの謎 | トップページ | 地震-六義園の蓬莱島が崩壊 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ