« 早春の音を求めて-北海道オンネトー | トップページ | 貯まっていた夏鳥-六義園 »

2011年4月29日 (金)

街の公園でイスカ-北見市

  今回の北海道オンネトーを案内していただいたH田さんは北見市在住、また六義園の鳥仲間のK久保さんも実家が北見市。ということで、法事をかねて帰省されたK久保さんも同行してくれました。
 お二方とも北見に戻るため、オンネトーの後に北見市内でバードウォッチングをすることになりました。実は、北見市の公園にナキイスカがいると新聞やTVで報道されており、全国からバードウォッチャーが集まっているとのこと。私が出会ったカメラマンは、名古屋から来たそうです。H田さんによると、ナキイスカはイスカの数10羽の群れになかにいるのだそうです。私としてはイスカで十分、イスカの声が録れたら万々歳です。
 市内の公園というのは、ほんとうに市内の真ん中にあり、こんなところにイスカがいるのかと思うようなところ。午後と翌朝早く訪れるとイスカ、マヒワ、シメの群れにゴジュウカラやヒガラ、ハシブトガラなどがいて、とても街の中の公園とは思えない鳥相でした。
 イスカは、地面に落ちたマツカサにかじり付いていたり、マツの中でさかんに食事をしています。その間、鳴き合ってくれたので録音できました。また時折、木のてっぺんで鳴き続ける声のなかには複雑な節もあり、さえずりに近い鳴き方も聞くことができました。
 ナキイスカには会えませんでしたが、イスカは今まで1回しか遭遇したことのない鳥です。それも、30年以上前に遠くを群れでパラパラ行くのを「あれがイスカ」と教えてもらってわかった程度の出会い。それが、間近で見られ声まで録音できるなんて北見は、すごいところでした。
Redcrossbill

« 早春の音を求めて-北海道オンネトー | トップページ | 貯まっていた夏鳥-六義園 »

観察記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 街の公園でイスカ-北見市:

« 早春の音を求めて-北海道オンネトー | トップページ | 貯まっていた夏鳥-六義園 »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ