« 水谷さんの本-『 野鳥フィールドスケッチ』 | トップページ | セミの季節-早くなった初認日 »

2011年7月 7日 (木)

ヒメアマツバメ録音失敗

 季節がどんどん移っていくの感じる頃です。録り残しを少しでもなくそうと、昨日はヒメアマツバメ狙いで私鉄沿線へ。過去にもヒメアマツバメの声を録ろうと東海道線沿線へ行きましたが、駅前で5階建てビルの最上階に巣がありました。そのため、周辺の音もうるさい上に距離があり断念したことがあります。今回は線路の高架下ですから真下に行ければ、距離は10mたらず。録れるかもしれないと淡い期待を持って行きました。
 行ってみると駅の改札口を出て10数m、コンコースの真ん前でした。巣の下は糞だらけですから、使用中です。『糞に注意』のコーンが置いてあるので、そこにYAMAHAのW24を置いておきました。ラッシュを過ぎた時間ですから電車の本数も人通りも少ない時間帯です。しかし、周囲は道路で車は良く通ります。また、目の不自由な方に改札口に位置を知らせる「ポーン」という音が絶えず聞こえます。ただ、アマツバメ系の声はかなり高いので、騒音のなかでも分離することができるかもしれないと淡い期待を持って待機です。
 改札口の横にベンチがあったので、そこに座って待つこと2時間。ヒメアマツバメが来てくれたのは1回だけでした。まだ、抱卵中で巣の出入りが少ないのでしょうか。
 家に帰ってから音源をチェックしたところ、高い音が数回入っていましたが『野鳥大鑑』に収録されているヒメアマツバメの声紋と一致しませんでした。
 今回は、あえなく失敗です。

« 水谷さんの本-『 野鳥フィールドスケッチ』 | トップページ | セミの季節-早くなった初認日 »

観察記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヒメアマツバメ録音失敗:

« 水谷さんの本-『 野鳥フィールドスケッチ』 | トップページ | セミの季節-早くなった初認日 »

2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
無料ブログはココログ