« 中西悟堂展に行ってきました | トップページ | 羽白カルガモ »

2011年10月 3日 (月)

大久保農耕地の秋

 このシーズン、毎年行くのが埼玉県の大久保農耕地です。今日の天気に誘われて、出かけました。到着すると、風が強いのと隣の運動公園での歓声が大きいので録音は断念。ウォッチングモードに切り替えます。今日は、めぼしい鳥が出ていないせいかバードウォッチャーも野鳥カメラマンもいません。稲刈りも終わっていますので、広い農耕地が貸し切り状態、ゆっくりと秋のバードウォッチングを楽しめました。
 この間の台風のせいか、水の溜まった田んぼが多く、農道を歩くとそこからタシギがよく飛び立ちます。タシギが「ジェッ」と言って飛び立つたびに申し訳ない気持ちになりました。濡れた田んぼにはダイサギとチュウサギもいて、さかんに獲物を探しています。
 この季節はなんといってもモズの高鳴き。あちこちで聞くことができました。これをヒガンバナの咲いた土手の上から聞くのが、大久保農耕地の秋の楽しみです。ヒガンバナは、逆に水が多いせいか、去年に比べると群落が少ないし小さくなっていました。モズは、例年どおり、あちこちで高鳴きをしてくれました。まずは、今年いちばんの秋の日を堪能できました。
Ookubo111003

« 中西悟堂展に行ってきました | トップページ | 羽白カルガモ »

観察記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大久保農耕地の秋:

« 中西悟堂展に行ってきました | トップページ | 羽白カルガモ »

2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
無料ブログはココログ