« スズメバチは悪者か? | トップページ | 稚児の墓の秋 »

2011年10月15日 (土)

秋の粟島

 夏鳥と冬鳥の渡りが交差する秋の新潟県粟島に行ってきました。秋の来訪は、初めてです。思いの他、好天に恵まれ暑いくらいで日に焼けました。
 春に比べれば鳥は少なめ、静かに渡っていくので録音的には成果はあまりありませんでした。しかし、ミヤマホオジロやシラガホオジロの群れ。ノビタキ、ビンズイ、タヒバリ、ノジコなど、そこそこ見ることができました。何羽か見たジョウビタキの雄の1羽は、かなり黒いタイプで、数年前に訪れた台湾の金門島で見たタイプに似ていました。
 それに、一瞬のうちに姿を消すハイタカ、オオタカ、ハヤブサ、チゴハヤブサ、ミサゴなど猛禽類も多く気の抜けないバードウォッチングです。このうちチゴハヤブサは、じっくりと姿を見ることができ写真も撮ることができました。

Eurasianhobbyinawasima

 ホオジロ類、タヒバリ類などの識別の難しい仲間がいるのですが、まだ畑には枝豆や小豆が植わっているので、姿をじっくり見ることができません。なんとも、もどかしいバードウォッチングです。そのため、見逃した種類も多いことと思います。
 いずれにしても、のんびりとした島の秋と温泉、魚づくしの料理を楽しんでまいりました。

« スズメバチは悪者か? | トップページ | 稚児の墓の秋 »

観察記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋の粟島:

« スズメバチは悪者か? | トップページ | 稚児の墓の秋 »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ