« 鳥づくしの野点 | トップページ | 六義園にいて良いの?-イカリモンガ »

2011年10月 8日 (土)

ハエトリグモと遊ぶ

 以前、『今年はゴキブリが多い』という話を書きました。あれ以降も、頻繁にクロゴキブリの成虫に遭遇しています。そのゴキブリのうち、私の目を逃れた何匹かが雌だったようで卵を産んでしまいました。おかげで、波状的に小さなゴキブリが徘徊するようになりました。
 子ゴキブリが見られるようになってから、増えた生き物がいます。ハエトリグモです。ハエトリグモは総称で、種名はアダンソンハエトリのようです。
 ハエトリグモは今までも時々見ることはありました。しかし、ゴキブリが増えてから頻繁に見るようになり、それも1度に2匹見るなど増えています。考えてみれば、子ゴキブリはハエトリグモにとってちょうど良い獲物です。マンションの部屋とは言え、自然のしくみは健在です。
 ところで、仕事をしていると液晶ディスプレイにハエトリグモが1匹とまっているのに気がつきました。このクモ、マウスでカーソルを動かすと↑を追いかけるのです。飛びかかるまではしないですが、追いかけていきます。ときどき見失うのか、探しています。5cm位の所までカーソルを近づけてブルブルと震わせると走り寄ってきます。クモのまわりをぐるりとカーソルを回すとクモもくるりと回ります。昔、カーソルを追いかけるネコのプログラムがありましたが、それと同じ。仕事を忘れて、しばらくハエトリグモと遊びました。

Haetorigumo

« 鳥づくしの野点 | トップページ | 六義園にいて良いの?-イカリモンガ »

観察記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハエトリグモと遊ぶ:

« 鳥づくしの野点 | トップページ | 六義園にいて良いの?-イカリモンガ »