« 大久保農耕地の秋 | トップページ | 粟島の謎の鳥・解明-コウライウグイス »

2011年10月 5日 (水)

羽白カルガモ

 寒くなったと思ったら六義園の池のカルガモの数が増えました。一昨日は3羽、昨日は10羽を超えていました。そのなかに、三列風切羽の白いカルガモが目に付きました。水に浮かんでいると、白い翼の一部がとてもよく目立ちます。わかりやすいように後ろから写真を撮ってみました。

Spotbilledduckw2

 これと同じようなカルガモは、今年の鳥始めの時に見つけ、『取り始め-三列風切羽の白いカルガモ』題して記事にしました。このときの写真がこれです。

Spotbilledduckw

  しかし、よく見ると昨日、撮影したカルガモは確かにかなり白いのですが、羽軸をはさんで反対側までは白くありません。今年1月のものは、羽軸の両面まで白いのです。
 少なくとも、1月から10月の間に1回は、羽が抜け替わっているので、このシーズン同じパターンとはかぎりません。もし、羽軸をはさんで両方とも白いければ、羽白カルガモが同じ池に帰ってきた可能性が高いのですが、残念です。
 しかし、簡単に写真が撮れることで、こうした個体識別の確認が可能なのは楽しい限りです。

« 大久保農耕地の秋 | トップページ | 粟島の謎の鳥・解明-コウライウグイス »

観察記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 羽白カルガモ:

« 大久保農耕地の秋 | トップページ | 粟島の謎の鳥・解明-コウライウグイス »