« 取材を受ける-カラス問題 | トップページ | イギリスのバードウォッチング事情 »

2011年11月16日 (水)

『朝の小鳥』12月分スタジオ収録-海外での野鳥録音

 今日の午後は文化放送にて『朝の小鳥』12月放送分のスタジオ収録でした。
 12月は、日本の小鳥たちは静かなので南半球で夏のオーストラリアの野鳥たちです。3年前に行ったケアンズとキングフィッシャーパークで取材した音源です。なにしろ鳥が多かったので、あと3年くらいは持ちそうです。
 このとき録音した中には良い声で鳴いている鳥がいても、名前がわからなくて使えないという音源がたくさんあります。ガイドにあとで聞けば良いやと思っていたのですが、私がわからない声はやはりわからないのでした。また、旅行中に地元にいる鳥が入っているというCDを買ってあとで調べれば良いと思ったのです。しかし、似たような声で鳴く種類が多く確定することができません。たとえば、ミツスイの仲間はなんと多いことか。そして、皆同じよう系統の声で鳴いています。
 最近では、ネット上にも声をアップしているサイトがあるので、これもたよりにしました。しかし、短い上に音質も問題もあって、これもなかなかぴったりと一致するものがないのが悩みです。
 蒲谷鶴彦先生の海外で録音された音源を聞いたことがあります。それには鳥の声の後に「大きさヒヨドリ、頭に短い冠羽、顔が白い」などと目立つ特徴を先生が吹き込んでおりました。先生でも海外では名前がわからない、そのため見えた特徴を吹き込んでおくと良いと教わりました。先生は「それでもわからないものは、わからなかった」とおっしゃっておりました。
 海外での野鳥録音は、その場で姿を確認して名前のあたりを付けておかないかぎり、名前を調べることはかなり困難です。後で調べれば何とかなると思わないことです。
  なお、『朝の小鳥』12月放送内容は下記のとおりです。
   2011年12月4日  コキミミミツスイ
         11日  カノコバト
               18日  インドハッカ
         25日  チャイロモズヒタキ

« 取材を受ける-カラス問題 | トップページ | イギリスのバードウォッチング事情 »

番組・報道」カテゴリの記事

考証」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/556172/53260049

この記事へのトラックバック一覧です: 『朝の小鳥』12月分スタジオ収録-海外での野鳥録音:

« 取材を受ける-カラス問題 | トップページ | イギリスのバードウォッチング事情 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ