« タイマー録音大失敗の巻 | トップページ | またサルの群れに会う-足尾 »

2011年11月25日 (金)

マガンは静かに眠るのか

 今回の蕪栗沼に同行したA部さんから「ねぐらのマガンは、夜は眠って静かになるの?」という質問を受けました。カラスは、どんなに大きなネグラでも基本的には静かです。ムクドリは小規模だと静か、大きなねぐらだと一晩中鳴いています。では、マガンはどうでしょう。
 ソニーのPCM-D50を一晩中、置いて録音してみました。午後4時から翌朝の午前6時40分までの14時間40分です。モノラルに変換して、波形表示してみました。

Whitefrontedgoosesound

 ネグラへの帰還は、午後4時40分から5時40分までおよそ1時間、喧噪が続きました。ネグラ立ちのピークは6時から始まり、やはり1時間あまりかかっていました。録音終了後の7時過ぎてもまだ飛び立っていない群れが結構いましたのでやはり1時間かかっています。10万羽のマガンのネグラ入りもネグラ立ちも、1時間かかる大仕事であることがわかります。
 ところで、マガンは一晩中鳴いていました。4時間経った左3分の1ほどのいくつかのピークは雨がカバーに当たる音ですが、中央から右の8時間や12時間あたりのピークはマガンの声です。いずれにしても、マガンの声は一晩中、蕪栗沼に響き渡っていたことになります。ただ、1km離れた駐車場あたりに来るとかなり声が小さくなります。ですから、人家はかなり離れているので騒音被害はないのが幸いですね。

« タイマー録音大失敗の巻 | トップページ | またサルの群れに会う-足尾 »

観察記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マガンは静かに眠るのか:

« タイマー録音大失敗の巻 | トップページ | またサルの群れに会う-足尾 »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ