« 三宅島の大録音会-1975年 | トップページ | 千葉の干潟を守る会40周年 »

2011年11月 9日 (水)

ちょっと珍しい出会い-トモエガモ♀

 久しぶりに近所の公園を歩いていたら、池の片隅にコガモがいました。都心では珍しいコガモだと思い、じっくり見るとちょっと顔つきが違います。嘴の付け根に斑点があります。どうやら、トモエガモの♀のようです。フィールドガイドを持っていなかったので、カミさんに電話をして特徴の確認をしました。嘴の付け根の斑点は記憶通り、トモエガモ雌の特徴で間違いありません。また、嘴は黒、翼鏡はコガモと同じとのこと。しかし、くだんのカモは、黒いのは嘴の先のほうだけ、黄色みがあります。また、翼を広げても翼鏡の緑色は見えませんでした。よく見ると、なんとなく幼げな顔をしています。今年生まれの雌の幼鳥かもしれません。

Baikalteal
  以前、このようにトモエガモが都心の公園の池に出現したときは、周辺の池や河川でも雄や雌が見つかったことがあります。いずれしても、コガモがいたらよく見ることをオススメします。これから、しばらく各地でトモエガモが見つかるかもしれませんね。

« 三宅島の大録音会-1975年 | トップページ | 千葉の干潟を守る会40周年 »

観察記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ちょっと珍しい出会い-トモエガモ♀:

« 三宅島の大録音会-1975年 | トップページ | 千葉の干潟を守る会40周年 »