フォト

« PCM-D1退院 | トップページ | OLYMPUSの新機種-LS-100 »

2011年12月21日 (水)

講演を終えて、次回の講演

 今日は、スワロフスキー野鳥ステップアップ塾でした。『鳥しらべ』と題して、調査の方法からカウントのしかたなどをお話しいたしました。これで、5回のうち3回が終了したことになります。今まで、このように連続して講座をやったことはありませんでした。こうして連続して行うと回を重ねるたびに参加者の方々の意欲がひしひし伝わってきます。そのため、とてもやりがいのある講座となっています。私としては月1回のため、じっくりとパワーポイントの素材を練り上げ準備ができることが幸いしています。
 今日講演が終わって一段落したと思ったら、行徳野鳥観察舎の講座の日程が決まりました。2012年2月4日、午前10時からの予定です。講演内容は、日本と鳥の名前がどうように決まってきたのか、そしてそれは図鑑の歴史にもなるという話。このテーマは、スワロフスキー野鳥ステップアップ塾と日光野鳥研究会でお話しいたしましが、聞いていただいた方の反応がとてもよい題材でした。3匹目のドジョウを狙って行徳でもお話しいたします。詳しいことは決まり次第、またアップいたします。 

« PCM-D1退院 | トップページ | OLYMPUSの新機種-LS-100 »

イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 講演を終えて、次回の講演:

« PCM-D1退院 | トップページ | OLYMPUSの新機種-LS-100 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ