« 銚子でカモメウォッチング | トップページ | 霜ばしらを食べる »

2012年2月13日 (月)

風車のノイズ

 今回、久しぶりに千葉県銚子に行って感じたことのひとつに風力発電の風車が増えたことです。丘の上から海岸まで、どちらを向いても大きな風車が目に入ります。原発無き後の自然エネルギーの一つとして注目の風力発電ですが、私は鳥の領域に入り込むこの構造物が嫌いです。
 なにしろ風景を損ないますし、そしてこの音。凄い音を発生することを今回、改めて知りました。
 試しに録音をしてみました。録音したのは、海岸にある風車です。風車との距離はおよそ30m、録音機はソニーのPCM-D1です。音源は、何の加工もしていません。そのままです。



 このときの気象概況では風速は8m、強弱がありますので5-10mと言った印象でした。体感的には海辺ではよく吹いているやや強めの風です。ですから、ここではいつもこのくらいの風が吹き、この程度の音を立てていることになります。
 音域を見ると、150~300Hzに音の中心があり、4000Hzあたりまでの高めの音も出しています。低音に高音が加わって、かなり不快な音になっていることがわかります。
 現在、銚子にはこの風車を海上に作る計画があると聞いています。海上では、この音が陸まで聞こえてくることは少ないでしょうが、海鳥たちに被害が生じることは間違いありません。いずれにしても、電気をビカビカ消費するライフスタイルをどうするのか、考えるのが順序だと思いますが・・・

« 銚子でカモメウォッチング | トップページ | 霜ばしらを食べる »

考証」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/556172/53975811

この記事へのトラックバック一覧です: 風車のノイズ:

« 銚子でカモメウォッチング | トップページ | 霜ばしらを食べる »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ