« バイノーラル録音の実験-日光 | トップページ | バッテリーからの解放 »

2012年3月22日 (木)

響くウグイスのさえずり-芝川第一調整池

 暖かくなるという天気予報を信じて芝川第一調整池へ。ところが、空気は冷たく予報ほどではありませんでした。それでも、ヒバリがさえずり夏鳥のコチドリの声を聞くなど、野鳥たちは春となっていました。なかでも、あちこちで聞こえるウグイスのさえずりは春そのもの。PCM-D1で録音、ボリュームはそのまま、低音ノイズの軽減、間を詰めノイズリダクションをかけています。

「BushWarbleinSIBAKAWA12032202.mp3」をダウンロード

 よく聞くと、声が反響していることがわかります。実は、録音機とウグイスの間には水路があり、この空間で音が反響しているのです。ウグイスはそれを知っているのか、さかんにさえずっていました。面白いのは、もう1羽のウグイスがやってきたことです。さえずり合わないところを見ると、さえずりに誘われてきた雌と思われます。ウグイスは、越冬地で番形成がされるのでしょうか。

« バイノーラル録音の実験-日光 | トップページ | バッテリーからの解放 »

観察記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 響くウグイスのさえずり-芝川第一調整池:

« バイノーラル録音の実験-日光 | トップページ | バッテリーからの解放 »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ