« 『朝の小鳥』5月分収録-奄美の野鳥 | トップページ | 都心でハシボソガラスが巣作り »

2012年4月 5日 (木)

ハイイロヒレアシシギとハマシギビール-谷津干潟

 谷津干潟観察センターのS原さんから、ハイイロヒレアシシギがいるとの情報をいただきました。ハイイロヒレアシシギは、10年以上前に日光の貯水池で1回会ったきりの鳥です。また、声は未聞。あわよくば、録音できないかと思い出かけました。
 ハイイロヒレアシシギは、3羽いました(谷津干潟全体では、もっといそうです)。それも足元まで来てじっくりと鰭足を観察することができるほど。ただ、風が強いのと見ている限り一言も鳴かず、録音はできませんでした。
 昨日、市川市の行徳野鳥観察舎ではケガをしたものが運び込まれ、仙台の蒲生干潟では1,000羽の群れが見られたという情報も寄せられています。一昨日の爆弾低気圧によって、いつも通る外洋から外れてしまったのでしょう。
 私が2度目の出会いなのですから、さぞカメラマンやバードウォッチャーが押し寄せているかと思ったら20人ほど。このシーズンならば通常の人出でした。ハイイロヒレアシシギは人気がないのか、貴重性が理解されていないのか、不思議でした。
 昼に谷津干潟観察センターの「干潟茶屋」に行くと、所長さんが「今日から解禁のビールを試してみてください。これが、最初の1本です」と、ごちそうしていただきました。その名もハマシギ・ビールです。ラベルには、長島充さんの版画のハマシギが描かれています。

 Dunlinbeer

  ハマシギの味がするのかと思いましたが、濃厚なエール系の味です。この手のビールにありがちな酸味はなく、こころよい苦みとコクがさわやかでした。味は、しいていえばハマシギの夏羽のイメージ、夏羽の背中の茶色に近い色をしていました。
 この後、ダイシャクシギ・ビールも登場するとか。谷津干潟でのバードウォッチングの楽しみがもうひとつ増えました。
   S原さん、情報ありがとうございました。所長さん、ごちそう様でした。

« 『朝の小鳥』5月分収録-奄美の野鳥 | トップページ | 都心でハシボソガラスが巣作り »

徒然」カテゴリの記事

観察記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/556172/54396318

この記事へのトラックバック一覧です: ハイイロヒレアシシギとハマシギビール-谷津干潟:

« 『朝の小鳥』5月分収録-奄美の野鳥 | トップページ | 都心でハシボソガラスが巣作り »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ