« 連休の録音-日光 | トップページ | 『朝の小鳥』6月分収録-ききなしが聞こえない »

2012年5月 8日 (火)

ハシボソガラスの営巣-その後

 ご近所で巣作りしたハシボソガラスのその後です。
 前回の記事は「都心でハシボソガラスが巣作り」です。
 現在、都心でハシボソガラスが繁殖するのは、とても珍しいことです。少なくとも、今回ハシボソガラスが巣を作っていた場所は、私のハシブトガラスの営巣調査を行った地域です。ここでは、5年間で延べ250個を調べましたが、すべてハシブトガラスでした。
  営巣をHさんが発見したのは3月初め、私が確認したのは4月6日。その後、数回見に行っていますが、卵や雛の様子はわかりませんでした。少なくとも、4月6日は2羽が巣のまわりにいて私を警戒いたしました。また、5月1日には、1羽が巣のそば、もう1羽が線路を挟んで反対側のビルの上で見張りをしていました。
 ですから、そろそろ雛が出ている頃ではなかいと、昨夕ようすを見に行きました。行ってみると、カラスの気配はありません。小1時間待ってみましたが気配はなし。巣の中も静かです。周辺を歩いて探しましたが、ハシボソガラスはいませんでした。
 ハシブトガラスですと巣立った後も巣のまわり、親のなわばり内でしばらく過ごします。ハシボソガラスの経験がないのでわかりませんが、こうも一気にいなくなるとは思えません。ひょっとすると、失敗したのかもしれません。
 今回は、観察回数がとても少ないのでなんとも言えませんが、少なくとも巣立ちまではいたらなかったようです。六義園のネグラに向かうハシブトガラスのコースに近い巣ですので、難しかったのかもしれません。
 いずれにしても、都心でのハシボソガラスの繁殖。これが新たな傾向の始まりになるのか、今後も注意が必要です。

« 連休の録音-日光 | トップページ | 『朝の小鳥』6月分収録-ききなしが聞こえない »

観察記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハシボソガラスの営巣-その後:

« 連休の録音-日光 | トップページ | 『朝の小鳥』6月分収録-ききなしが聞こえない »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ