« 夜の干潟-谷津干潟 | トップページ | カラス営巣調査-六義園 »

2012年5月 1日 (火)

キビタキが渡っていく-六義園

この冬は、冬鳥が不調だった分、今期の夏鳥は順調なような感じがします。六義園では、オオルリが先月中旬より記録され、ここ数日はキビタキの番となりました。
 今日は、六義園のセンサスの日。K藤さんとK久保さんが同行してくれました。センサスコースをしばらく行くと、やはり迎えてくれたのはキビタキのさえずりです。
  YAMAHA W24で録音、ボリュームの調整、低音ノイズの軽減、ノイズリダクションをかけています。

「narcissus_flycatcher120501.mp3」をダウンロード

 渡り途中とは、思えない元気なさえずりです。これだけ、きれいな声の雄は、さぞ姿もきれいだろうと3人で一生懸命探しましたが、どうして見つかりません。六義園の木々は、すでに葉が生い茂り小鳥たちの姿を隠しています。逆に鳥からは、こちらの姿が見ないようで頭の上で鳴いてくれました。それにしても、きれいな声でした。
 

« 夜の干潟-谷津干潟 | トップページ | カラス営巣調査-六義園 »

観察記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キビタキが渡っていく-六義園:

« 夜の干潟-谷津干潟 | トップページ | カラス営巣調査-六義園 »

2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
無料ブログはココログ