« BINOS Vol.19-日本野鳥の会支部の論文集 | トップページ | 雪の戦場ヶ原-クマに注意 »

2012年11月18日 (日)

『身近な野鳥観察ガイド』-ご紹介

 著者の箕輪義隆さんから『身近な野鳥観察ガイド』をお送りいただきました。
 図鑑かと思ったら、野鳥の見所を解説した内容で、いわばバードウォッチングの見所を案内してくれるガイドブックです。野鳥の面白さを戸塚さんと写真と箕輪さんのイラストで、わかりやすく解説されています。
 ときにバードウォッチングの初心者が「バードウォッチングとは野鳥の名前を言い当てるもの」と勘違いしてしまうこことがあります。これは、探鳥会におけるリーダーの指導のまずさ、野鳥を見つけて名前を教えるだけでの指導にあると思います。バードウォッチングはもっと面白い見所がたくさんありますし、奥深いものです。ただ、それを解説した本が少ないのは事実です。この本は、初心者にとってはバードウォッチングは名前を言い当てるばかりでないことを知ってもらえるでしょう。鳥たちの生活、生き様を見ることで、より深く野鳥を知り、魅力を堪能することができると思います。また、リーダー的な立場にある人にとっては、ネタ本として活用してもらえればと思います。そうすれば、バードウォッチングと野鳥の魅力をより伝えることができるのではないでしょうか。
 箕輪さん、ありがとうございました。

Aguidetofamillarbirdsofjapan

タイトル:身近な野鳥観察ガイド
著者:戸塚学、箕輪義隆
装丁:ペーパーバック、A5版、160ページ
出版社: 文一総合出版
ISBN-10: 4829972009
ISBN-13: 978-4829972007
発売日: 2012/11/9
定価:2,000円+税
文一総合出版社のURL。
http://www.bun-ichi.co.jp//tabid/57/pdid/978-4-8299-7200-7/Default.aspx
アマゾンのURL。
http://www.amazon.co.jp/%E8%BA%AB%E8%BF%91%E3%81%AA%E9%87%8E%E9%B3%A5%E8%A6%B3%E5%AF%9F%E3%82%AC%E3%82%A4%E3%83%89-%E6%88%B8%E5%A1%9A%E5%AD%A6/dp/4829972009/ref=sr_1_cc_1?s=aps&ie=UTF8&qid=1352970105&sr=1-1-catcorr

« BINOS Vol.19-日本野鳥の会支部の論文集 | トップページ | 雪の戦場ヶ原-クマに注意 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

>探鳥会におけるリーダーの指導のまずさ、野鳥を見つけて名前を教えるだけでの指導にあると思います。
同感です。私は運よくそうでないリーダーとの出会いに恵まれて「探鳥」の醍醐味を満喫しておりますが・・・。いざ自分がリーダーとなるとどこまでできているのかはなはだ不安ではあります。
早速購入して「ネタ本」としたいと思います。

ぴぎー様
 私も指導者との出会いに恵まれていた方だと思います。当時は、選択の余地がありませんでしので、まさにウンが良かったといえます。
 私は鳥がいなかったらどうしようという恐怖感から、いろいろネタを仕入れておく習慣がついてしまいました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『身近な野鳥観察ガイド』-ご紹介:

« BINOS Vol.19-日本野鳥の会支部の論文集 | トップページ | 雪の戦場ヶ原-クマに注意 »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ