« 『高尾山野鳥観察史-75年の記録と思い出 』のご紹介 | トップページ | 目の不自由な方のための録音機-LS-100 »

2012年11月29日 (木)

箕輪義隆さんの野鳥画展「猛禽」

今日は、久しぶりの原宿です。原宿では、ナツメ書房の『日本の野鳥図鑑―CD付き 知りたい鳥がすぐわかる』で、いっしょに仕事した箕輪義隆さんの個展が開催中です。JR原宿駅竹下口のそばの画廊に行くと、カラス仲間のシバラボさんもいて、3人でカラス話で盛り上がりました。ずいぶん久しぶりにお会いしたのですが、Facebookでいつも情報を交換しているので、いつも会っているような気分でした。
 箕輪さんのイラストからは、優しさを感じます。細かい部分まで描き込むと、どうしても緊張感のある堅い絵になってしまいます。ところが、箕輪さんの絵はそうならないです。野鳥たちをじっくりと観察し彼らの生き様を見て、野鳥たちを生き生きと描いているからというのがまず第一。それにお人柄が加わって、そう感じるのかもしれません。今回は猛禽類がテーマですが、猛々しさや勇ましさのある鳥たちですが、優しさも感じました。
 皆さまもぜひご覧いただきたいと思います。

Minowa20121129

 箕輪義隆 野鳥画展「猛禽」
 日時:2012年11月28日(水)~12月3日(月)11:00~19:00(最終日は17:00まで)
 会場:積雲画廊 http://www.sekiungarou.com/
 アクセス:JR山手線「原宿駅」竹下口より徒歩2分
 住所:渋谷区神宮前1-19-14サンキュービル1F

« 『高尾山野鳥観察史-75年の記録と思い出 』のご紹介 | トップページ | 目の不自由な方のための録音機-LS-100 »

イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 箕輪義隆さんの野鳥画展「猛禽」:

« 『高尾山野鳥観察史-75年の記録と思い出 』のご紹介 | トップページ | 目の不自由な方のための録音機-LS-100 »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ