« 日本野鳥の会理事会-サシバの里谷津田米 | トップページ | 六義園で初鳥見-ノスリ »

2012年12月31日 (月)

鳥見納め-芝川第一調整池

 やっぱり芝川に行ってきました。この間に比べれば、風もなく暖かい芝川です。しかし、先シーズンの年末年始はフリースを着ていられないほど暖かかったのですから、やはり今年は寒いです。
 ハクチョウ類は、数が減っていました。相変わらず、チュウヒの国内型幼鳥が調整池狭しと飛び交っていました。ときどき、もう1羽とバトルを繰り広げるなど、飽きることはありません。前回、いなかったミコアイサの群れが入っていました。ここでは、初めてです。
 実は、池の水位がずいぶん下がっているのです。そのため、アオサギやダイサギにとっては、魚が捕りやすいようで増えています。しかし、カイツブリ、オオバン、そしてカモ類などは少なく、とくに潜水して獲物を捕るタイプは減っています。ですから、ミコアイサが定着するかどうか、怪しいところです。
 今日はまたいちだんと小鳥が多かったですね。面白いと思ったのは、アカゲラの雌がアシ原にいたことです。はじめはアシにとまって虫を捕っていように見え、ずいぶん珍しい行動だと思いました。よく見ると、太めの草の茎でした。それにしても、細い枝にとまっての食事は、珍しいと思いました。

Greatspottedwoodpecker121231

 今年の録り納めは、ベニマシコです。暮れの慌ただしい中、優しげな声がやすらぎとなれば幸いです。PCM-D1で録音、低音の軽減、ボリュームのアップ、ノイズリダクションをかけています。



  では、皆さま。また来年も、たくさんの野鳥たちと素晴らしい出会いがありますよう、お祈りいたしております。

« 日本野鳥の会理事会-サシバの里谷津田米 | トップページ | 六義園で初鳥見-ノスリ »

観察記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/556172/56438467

この記事へのトラックバック一覧です: 鳥見納め-芝川第一調整池:

« 日本野鳥の会理事会-サシバの里谷津田米 | トップページ | 六義園で初鳥見-ノスリ »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ