« 野鳥による生物多様性に富んだ森づくり検討委員会 | トップページ | 洋上風力発電のシンポジウム »

2013年1月12日 (土)

Birder誌2月号-野鳥図鑑活用術/鳥の分類が変わる

 今月号のBirder誌が本日、届きました。特集は「野鳥図鑑活用術/鳥の分類が変わる」です。
Birder201302

 去年の9月をもって日本産鳥類の分類が変わりました。私のように古いバードウォッチャーにとっては戸惑うことばかりですが、これも時代の流れです。乗れるか乗れないかは、老後の楽しみ方が違って来るというもの。私と同じように戸惑っているバードウォッチャーのためにと考えていただいた企画なのでしょうか。いずれにしても、とてもありがたい特集となっています。
 なお、図鑑についてのエピソード「野鳥のプロたちが使う図鑑」のコーナーでは、私も起稿しています。どうぞ、ご高覧いただければ幸いです。
 アマゾンのURLです。
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00AT1E8SA/ref=as_li_qf_sp_asin_il_tl?ie=UTF8&tag=b0c53-22&linkCode=as2&camp=247&creative=1211&creativeASIN=B00AT1E8SA

« 野鳥による生物多様性に富んだ森づくり検討委員会 | トップページ | 洋上風力発電のシンポジウム »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Birder誌2月号-野鳥図鑑活用術/鳥の分類が変わる:

« 野鳥による生物多様性に富んだ森づくり検討委員会 | トップページ | 洋上風力発電のシンポジウム »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ