« 雪の中のオオルリ-日光植物園 | トップページ | さえずりは伝承される-日光のクロツグミ »

2013年4月23日 (火)

オオルリのさえずり-日光

 はるばる海を越えて渡って来た日光は雪、はたしてオオルリは大丈夫なのだろうかと、前日の観察会に参加した方々の心配です。
 大丈夫です。観察会の後、いつものお気に入りの雑木林に、録音機をしかけました。入っていたのはオオルリの素晴らしいさえずりです。時刻は午前6時頃、YAMAHA W24でタイマー録音、低音ノイズの軽減、ボリュームの増幅、軽くノイズリダクションをかけています。



 このオオルリは、声が遠くなったり近くなったりするもののおよそ30分はさえずっていました。これだけさえずることができるということは、元気な証拠。もし、食べ物を探さなくてはならないほど、お腹が空いていればさえずる余裕はないでしょう。
 このほか、日光にたどり着いたばかりと思われる鳥としては、クロツグミ、センダイムシクイ、ヤブサメが、さえずっていました。いずれも昆虫食の鳥たちだけに、日光の雪と寒さの影響を受けそうな鳥たちです。この程度の天候の急変でオタオタするほど、やわな野生生物ではないのでしょう。

« 雪の中のオオルリ-日光植物園 | トップページ | さえずりは伝承される-日光のクロツグミ »

観察記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/556172/57234066

この記事へのトラックバック一覧です: オオルリのさえずり-日光:

« 雪の中のオオルリ-日光植物園 | トップページ | さえずりは伝承される-日光のクロツグミ »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ