« Birder誌5月号-バードウォッチングの作法 | トップページ | ディズニーランドが泥沼だった頃 »

2013年4月14日 (日)

ホウロクシギ-谷津干潟

 本日は、足立自然にふれあう会の探鳥会で谷津干潟へ。
  実は昨夕、谷津干潟に行き、2ヶ所に録音機を仕掛けて置きました。去年4月29日に仕掛けたところ、とても素晴らしい音が録れました。夜の干潟がこんなにもにぎやかで命に満ちあふれているとは、思いもよりませんでした。
 2匹目のドジョウを狙って仕掛けに行ったのですが、夕方から吹き始めた風が一晩中、吹き止みませんでした。とてもではありませんが、聞くに堪えない録音となりました。そういつもうまく行くとはかぎりません。安直な録音方法ですから、あきらめもつきます。
 また、シギやチドリの声も少なく、まだ少し早かったようです。今シーズン、機会があればもう一度試してみたいと思います。
 ところで、今日の探鳥会では、久しぶりにホウロクシギに出会いました。かつての谷津干潟には、ダイシャクシギとホウロクシギがいたのですが、いつの頃からかダイシャクシギだけとなりました。手元の記録では、そのダイシャクシギの声を録ったのは2000年9月で、まだDATの時代です。それ以前からホウロクシギがいなくなっていますので、少なくとも15年、ひょっとすると20年ぶりかもしれません。
Easterncurlew130414

 それにしても大きなシギは、広い干潟でも存在感がありましたね。堂々とした風格には、圧倒されます。例によって若い人は焙烙を知らないという話をしたところ、本当に知らず話が盛り上がりました。ただただ焙烙を知っている人たちが耄碌しないことを祈ります。

« Birder誌5月号-バードウォッチングの作法 | トップページ | ディズニーランドが泥沼だった頃 »

イベント」カテゴリの記事

観察記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/556172/57173282

この記事へのトラックバック一覧です: ホウロクシギ-谷津干潟:

« Birder誌5月号-バードウォッチングの作法 | トップページ | ディズニーランドが泥沼だった頃 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ