« 甲高いコノハズクの声-八東ふるさとの森 | トップページ | 久しぶりのバイノーラル録音-コノハズク »

2013年5月27日 (月)

謎の声-鳥取県八頭

  岡山、鳥取の旅の続きです。八東ふるさとの森から下りたあたりは、里山の風景が広がっています。運転をW部さんと交代しようとレンタカーをとめると、聞き慣れない声がしました。近くでは、農家のオジさんがていねいに苗床に水を撒いています。その音を超えて、聞こえてきました。SONY PCM-D1で録音、水まきの音域を下げるなどボリュームを調整しています。



 まずは録音しながら、W部さんは「アリスイか?」、私は「いや猛禽類の何かと思う?」と、車を降りて姿を懸命に探しました。どうも、声は畑の向こうに生えている灌木の中から聞こえてきます。しかし、いくら探しても姿が見えません。しかし、どこかで聞いたような声なのですから、なんとかなりそうです。それにしても、水まきの音がうるさいので、なんとかならないかと思っていると、水まきの音が止みました。これ幸いと思っていたら、オジさんが近づいてきます。
 そして、「ありゃ、鳥脅しじゃけん」と、教えてくれました。いちどう「えーっ」「なんだー」と口をあんぐり。確かに、同じ音が繰り返され間隔も同じです。よく見ると畑の畔にある木に、弁当箱くらいの緑色の箱がくくりつけてありました。音は、ここから出ていたのです。猛禽類のなにかの声と、ムクドリらしいディストレスコールを組み合わせての鳥脅し、道理で姿が見えないはずです。オジさん、教えてくれてありがとう。もし、オジさんがいなければ、謎の声としてアップするところでした。きっと、八東ふるさとの森に向かうバードウォッチャーの何人かは、この音に引っかかっていることでしょう。
 ちなみに、ウグイスは本物です。のどかな風景のなか、のどかな出来事でした。

« 甲高いコノハズクの声-八東ふるさとの森 | トップページ | 久しぶりのバイノーラル録音-コノハズク »

徒然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/556172/57471977

この記事へのトラックバック一覧です: 謎の声-鳥取県八頭:

« 甲高いコノハズクの声-八東ふるさとの森 | トップページ | 久しぶりのバイノーラル録音-コノハズク »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ