« お葬式-関口尚さん | トップページ | 夏の金精峠-ルリビタキ »

2013年7月19日 (金)

夜明けのヒグラシ-六義園

 六義園でタイマー録音を仕掛けて置いたら、早朝にヒグラシの声が良く入っていました。YAMAHA W24で録音、500Hz以下の低音の軽減、ニイニイゼミの音域のボリュームを下げています。

 ヒグラシと言うと、晩夏であったり夕方の雰囲気があります。しかし、こうして録音をしていると、セミのなかでは早い時期の梅雨時から鳴き、早朝も鳴いているセミであることがわかります。
 今日の六義園では、ハシブトガラスが午前3時59分から鳴き始め、30分ほどでネグラ立ちが終了、ニイニイゼミが4時17分から、ヒグラシが4時20分から鳴き始めていました。そして、ヒグラシは4時37分に鳴き止んでいます。その後、ヒヨドリが4時48分に鳴き始めて、ひとしり鳴き続けていました。
 ヒグラシの鳴いている時間は、わずか17分。夕方も、そのくらいです。他のセミが、昼間ずうっと鳴いているに比べれば、なんと短い時間でしょう。

« お葬式-関口尚さん | トップページ | 夏の金精峠-ルリビタキ »

観察記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/556172/57821658

この記事へのトラックバック一覧です: 夜明けのヒグラシ-六義園:

« お葬式-関口尚さん | トップページ | 夏の金精峠-ルリビタキ »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ