« イワツバメがいない-日光 | トップページ | 移動する粘菌類-キフシススホコリ »

2013年7月28日 (日)

大繁盛-六義園クヌギ食堂

 六義園広しといえども、樹液が出ている木は2本しかありません。樹種はクヌギ、いずれも順路の近くにあり、観察しやすい場所です。そのため、六義園に行ったおりには、必ずのぞく観察ポイントになっています。この季節、多い時は100匹を超えるコガネムシが集まっていて壮観です。

Kogaenmusi

 ここには、カブトムシやクワガタ、ルリタテハやヒカゲチョウの仲間も来ます。招からざる客として、キイロスズメバチやオオスズメバチも良く来ます。皆、樹液を飲むのに夢中で、近くに寄っても逃げることはありません。面白いのは、ときどきコガネムシがポタッと落ちることがあります。まわりには甘い香りも漂っていて、たぶん樹液が発酵してアルコール分があるようです。そのために、ときどき落ちてしまうのでしょう。ようするに酒に群がる飲んべえの昆虫たちです。
 PCM-D1で録音、低音ノイズを軽減しただけです。録音機を近くに置くことで、彼らが夢中で樹液を飲む音が録れました。ブーンという羽音は、落ちたコガネムシがまた樹液に戻る時の音です。

« イワツバメがいない-日光 | トップページ | 移動する粘菌類-キフシススホコリ »

観察記録」カテゴリの記事

コメント

巣鴨のM菱社宅に行くと外の通路にたくさん転がっています。<コガネムシ

もう少し夏も終わりに近づくと蝉がゴロゴロ・・。今日は羽化した抜け殻がたくさんあったのですが、面白いのは4階の通路にはたくさんあったのに2階の通路には皆無。羽化する好みの高度があるのかな? 代わりに2階の通路には不気味な死骸があって、今検索したらオオゲジのようです。

ここの通路は結構楽しめます。

星繊子様
 毎度、ご無沙汰です。
 マンションの高さによって、死んでいる虫が違うというのは、面白いですね。夏休みの自由研究の課題にすれば、良い点が取れそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/556172/57882314

この記事へのトラックバック一覧です: 大繁盛-六義園クヌギ食堂:

« イワツバメがいない-日光 | トップページ | 移動する粘菌類-キフシススホコリ »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ