« 人面蛾発見-クロメンガタスズメ | トップページ | 『朝の小鳥』スタジオ収録-11月は日光 »

2013年10月 8日 (火)

ホシホウジャク-六義園

 夕方の散歩で六義園へ。渡っていく、キビタキのきれいな雄や雌を見ることができました。
 吹き上げ茶屋のまわりには、職員が植えた秋の花が咲き誇っています。そのなかのホトトギスの花に、ホシホウジャクが蜜を吸いに来ていました。蛾なのに、まるでハチドリのような動きをして花から花へ移動して行きます。
 夕方に少し暗くなった風景のなか、動きの速いホシホウジャクを捕らえるのには苦労しましたが、アップで見ると素っ頓狂な顔をしているのがご愛敬です。

Hosioujaku131008

 今日も蛾ネタとなりました。

« 人面蛾発見-クロメンガタスズメ | トップページ | 『朝の小鳥』スタジオ収録-11月は日光 »

観察記録」カテゴリの記事

コメント

最初、今回の画像を見たとき「六義園ではハチドリが出るんだ!」と思いました。そっくりですね。

6日に山形市郊外にある悠創の丘へ行きました。野鳥の声はさっぱりでヒグラシが元気よく鳴いていました。10月にセミなんて・・。異常気象が生態系を壊さないかと心配です。

コロン様
 私は最初、オオスズメバチだと思って、思わず緊張いたしました。
 飛ぶ高さ、大きさと良い、派手な色合いが、似ていました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/556172/58346848

この記事へのトラックバック一覧です: ホシホウジャク-六義園:

« 人面蛾発見-クロメンガタスズメ | トップページ | 『朝の小鳥』スタジオ収録-11月は日光 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ