« 千葉県立中央博物館「音の風景」-内覧会 | トップページ | 人面蛾発見-クロメンガタスズメ »

2013年10月 6日 (日)

霧の中の霧降高原きすげ平

 今日は、日光野鳥研究会の自然観察会で、霧降高原のきすげ平へ。午前6時に目が覚めたらピーカンの天気、男体山から日光連山が朝日に輝いていました。ところが、だんだん雲が出て来て集合時間の9時30分には、きすげ平は霧に包まれ、まさに霧降高原となりました。霧が、色付き始めたドウダンツツジの葉に付いて、とてもきれいでした。

Kirifuri131006

 ただ、ときどき晴れ間もあってなんとか雨にならず、秋の生き物たちを楽しむことができました。足元には、リンドウの花が咲き、カケスの群れが鳴きながら移動して行き、夏の間は見ることがなかったノビタキが顔を出してくれました。秋らしい出会いが、たくさんあった観察会となりました。
 U井さんが、面白いものを見つけてくれました。どう見ても、土の間からジャガイモが顔を出しているとしか見えません。あるいは、なめらかな表面の石が埋まっているとしか見えないものなのです。しかし、触ってみると柔らかいのです。掘り出してみると、全体には5cmくらいの球形をしています。さわると、プヨプヨしています。思い切って、ナイフで割ってみると、なんと面白い模様が出てきました。まるで、抹茶に包まれたクリーム、そのまわりをゼリーでくるんだ和菓子という感じです。

Supondake134006

 調べてみたら、スッポンダケというキノコでした。これが成長すると、柄が伸びて傘が広がります。いわば、スッポンダケの卵でした。それにしても、よく見つけたものです。

« 千葉県立中央博物館「音の風景」-内覧会 | トップページ | 人面蛾発見-クロメンガタスズメ »

イベント」カテゴリの記事

観察記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/556172/58333912

この記事へのトラックバック一覧です: 霧の中の霧降高原きすげ平:

« 千葉県立中央博物館「音の風景」-内覧会 | トップページ | 人面蛾発見-クロメンガタスズメ »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ