« 舎人公園-足立自然にふれあう会 | トップページ | ヒヨドリの水浴び-六義園 »

2014年2月 5日 (水)

"Bird Research" Vol.9-ご紹介

 野鳥に興味を持ち始めた頃(1960年代)、「都会と田舎のスズメでは、騒音の多い都会のスズメのほうが、鳴き声が複雑だ」という新聞記事があったのを覚えています。私がいたのは、東京都板橋区の奥のほうだったので、まわりは田んぼだらけでスズメの声は単純だと思ったものです。鳴き声でコミュニケーションをとっている小鳥は、まわりの音で鳴き声が変わると言うことがあるのは、録音をしていて実感しています。ただ、これを証明するのは、とても難しいと思っていました。
 先日、購入した"Bird Research" Vol.9(2013)には、植田睦之さんが「大きな声で鳴く沢のミソサザイと小さな複雑な声で鳴く山のミソサザイ-ミソサザイのさえずりへ騒音の影響-」と題し、環境音との検証を行っています。結論は、ミソサザイのさえずりの「音圧は山で低く沢で高い」。騒音のうるさいところほど、大きな声で鳴いているということになります。ソニーのPCM-D1で録音し、AdobeのAuditionで分析できるのですから、こういったテーマを、多くの人が調べることが可能です。
 北海道のノゴマは草原と森のなかにもいるのですが、森のなかのほうが複雑で大きな声の印象がありました。ウグイスは、どうでしょう。などなど、広がっていきますね。
 "Bird Research" Vol.9には、このほか論文3編、短報5編が収録されています。

Birdresearch2014_2

 ミソサザイの論文の要旨はこちらのURLで。                                  https://www.jstage.jst.go.jp/article/birdresearch/9/0/9_S23/_article/-char/ja/
 バードリサーチのURLは、下記。
  http://www.bird-research.jp/

« 舎人公園-足立自然にふれあう会 | トップページ | ヒヨドリの水浴び-六義園 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: "Bird Research" Vol.9-ご紹介:

« 舎人公園-足立自然にふれあう会 | トップページ | ヒヨドリの水浴び-六義園 »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ