« キンクロハジロの雌の声-六義園 | トップページ | 鳥の見える喫茶店-干潟茶屋 »

2014年4月12日 (土)

コガモの雌の声-芝川第1調節池

 昨夕、芝川に録音機を3台仕掛けに行き、本日回収に行ってきました。K久保さんと月之座さんも同行してくれました。今日の芝川は、風が強かったものの暖かく風の当たらないところはポカポカ、ハイキング日和でした。チュウヒも2羽飛び交い、たえず鳥の姿が見られました。しかし、バードウォッチャーは私たちくらいで、貸し切り状態。なんとももったいない感じでした。
 タイマー録音は午前4時から7時までで3台ですから、音源は9時間分あります。まだ検証中です。現状までのチェックで、思いのほか良く入っていたのがコガモの雌です。コガモの雄が「ピリッ、ピリッ」と小鳥のような可愛い声で鳴くことはご存知だと思います。では、雌はどんな声で鳴くか、ご存知でしょうか。
 YAMAHA W24でタイマー録音。ボリュームはそのまま、500Hz以下の低音を軽減、軽くノイズリダクションをかけています。

 コガモの雌の声は、カタカナで書けば「ジップ、ジップ」あるいは「ウィップ、ウィップ」と聞こえると思います。最後のほうで「ピリッ」あるいは「ピルッ」と聞こえるのが雄の声です。
 雄の声はよく聞きますし、録音もたくさんあります。しかし、雌の声は雄の声の合間にときどき聞こえるくらいです。雌だけの単独の声もあることはありますが、遠くてこれまたコンディションはよくありません。ですから今回のように雌が、良く鳴いている上に近くで鳴き、クリアに録音できたのは初めてです。
 なお、録音されていた時刻は午前4時20分です。今日の日の出は午前5時13分、日の出の1時間ほど前となります。まだ、暗い水面でコガモたちが語り合っていたことになります。

« キンクロハジロの雌の声-六義園 | トップページ | 鳥の見える喫茶店-干潟茶屋 »

観察記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/556172/59457474

この記事へのトラックバック一覧です: コガモの雌の声-芝川第1調節池:

« キンクロハジロの雌の声-六義園 | トップページ | 鳥の見える喫茶店-干潟茶屋 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ