« コチドリの雌雄の鳴き合い | トップページ | デジスコ通信に投稿-野鳥写真の発表の場 »

2014年4月25日 (金)

ムナグロ録音成功

 本日は、昨日仕掛けた録音機を回収に行きました。まず、朝5時に目が覚めたので風がないことを確認。どんな音が録れているのかと思うと、わくわくしてそのまま目が覚めてしまいました。
  午前9時30分、現地に着くとすでに風が出始めていて、あちこちで耕耘機が動いています。やはり、田んぼでの録音は、早朝でないと難しいですね。
 現在、チェック中ですがムナグロは良く鳴いています。YAMAHA W24でタイマー録音、ボリュームはそのまま、2,000Hz以下の低音の軽減、軽くノイズリダクションをかけています。

 本日の日の出は午前4時50分頃、そのため4時から録音を開始いたしました。この時刻で、すでにムナグロの声が入っています。アオサギ、カルガモも同じように鳴いていますから、4時前から起きていると思います。ハシブトガラスが鳴き始めるのは4時33分、ムクドリが44分、ヒバリはさらに遅く5時40分からさえずりが聞こえます。近くの農道を自動車が走っていったのは6時40分となり、鳥たちがいかに早起きかわかります。
 また、水路の前に置いた録音機のほうには、「バシャバシャ」という音が録音開始の4時から入っています。これは、コイが集まって産卵するときの音です。夜明け前から、こうした行動がおこなわれていることを知りました。田んぼでのタイマー録音は、初めてでしたが、早朝の雰囲気が伝わってくる良い音が録れました。
 また、ムナグロの「キビヨ」と言う声は、あまり出さないことがわかりました。「キビヨ」は、飛び立つの鳴き声のようです。ですから、田んぼに下りてのんびりしているときには、鳴かない声となります。昔、ムナグロが「キビヨ」と鳴くと教えられましたが、どうも飛び立たせている人から教わったようです。
 重ねて、鈴木ad♀さんにお礼申し上げます。

« コチドリの雌雄の鳴き合い | トップページ | デジスコ通信に投稿-野鳥写真の発表の場 »

観察記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/556172/59528433

この記事へのトラックバック一覧です: ムナグロ録音成功:

« コチドリの雌雄の鳴き合い | トップページ | デジスコ通信に投稿-野鳥写真の発表の場 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ