« 粟島の謎の声-その1 | トップページ | 粟島の謎の声-その3 »

2014年5月14日 (水)

粟島の謎の声-その2

 粟島の謎の声、第2弾です。
 神社の縁側の下にタイマーを設定した録音機を置いておいた中に入っていました。以前は、ここでマミチャジナイのさえずりの録音に成功しています。
 午前5時20分頃、16秒間鳴いています。全体のボリュームの増幅、300Hz以下の低音ノイズの軽減、ノイズリダクションをかけています。

 この神社は、集落のはずれにあり、裏は山となりそのまま森へつながっています。神社は、サワラ、タケなどの樹木に囲まれています。また、小規模な農耕地が隣接していますが、農耕はされておらず空き地となっています。
 音源では、ハシブトガラス、アオジの地鳴き、カワラヒワのさえずりがかぶっています。周りでは,ヒヨドリ、トビが鳴いています。声は、猛禽類に雰囲気が似ています。今回の粟島では、猛禽類はハヤブサ、トビ、ハイタカ、ミサゴを見ていますが、ぴったりとは一致しません。ただ、猛禽類は声のバリエーションの記録が少ないので、このような声を出す可能性もあります。また、最後のほうの声紋を見ると重なっているところがあり、2羽が鳴いているかもしれません。
 合わせて、心あたりをご存知の方がいらっしゃいましたら、ヒントなりお教えいただければ幸いです。

« 粟島の謎の声-その1 | トップページ | 粟島の謎の声-その3 »

観察記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/556172/59642798

この記事へのトラックバック一覧です: 粟島の謎の声-その2:

« 粟島の謎の声-その1 | トップページ | 粟島の謎の声-その3 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ