« アナグマ-霧降高原きすげ平園地 | トップページ | 満開のツツジ-稚児の墓 »

2014年5月27日 (火)

立つと聞こえるオオコノハズクの声

 性懲りもなくオオコノハズクの声が聞きたくて、先週末もダム湖へ行きました。A部♂♀さんに、月之座さん、義弟ともどもお世話になりました。
 A部♂さんの話では、まだ鳴いているとのこと。前夜は、E村さんとTさんも加わって、泊まりがけで声を楽しんだとか。彼らは、お酒を飲むので必然的に泊まらざるを得ないのですが、さぞ美味しい鳥見酒となったことでしょう。
 A部♂さんから、「昨夜は、座っていると聞こえないけど、立つと聞こえた」という不思議な現象があったとのことでした。そんなことがあるのか、まずはコンビニ弁当で腹ごしらえをして暗くなるのを待ちます。この夜は、曇っていて寒いもの風はなく、絶好の録音日和となりました。皆、こうして座って待ちます。実際は、もっと暗いのですが、最近のデジカメでは明るく撮れてしまいます。

Imaitidamu140527
 ひとつ向こうの山でコノハズクが鳴き始めました。ダムサイトのほうでは、ヨタカの声も聞こえます。ゴイサギの鳴きながら飛んで行き、夜の鳥の世界となりました。
 離れた斜面と車の屋根の上にYAMAHA W24を置き稼働させておきます。PCM-D100を手元に置き、こちらも稼働させます。また前回同様に、オオコノハズクの声が聞こえたらA部♀さんが、赤いランプを点けてもらうことで準備ができました。
 しかし、オオコノハズクの声は聞こえません。これでは、録音していてもムダなので数歩離れた所に置いてあるPCM-D100を止めようと立つと、なんとオオコノハズクの声が聞こえるではありませんか。A部♂さんの言うとおり、オオコノハズクの声は立つと聞こえたのです。皆に立つように合図を送ります。皆さんうなずき、A部♀さんの赤いランプがつきました。やはり、立つと聞こえるのです。
 PCM-D100で録音、100Hz以下のノイズを軽減、全体にボリュームをアップしています。



「ザーッ」と聞こえる沢音が小さくなるくらい離れるか、ボリュームを絞って聞いてください。そして、オオコノハズクの「ホッ、ホッ、ホッ」という声が、木魚のテンポで聞こえる状態が、実際の聞こえ方に近いと思います。
  そっと立ったり座ったりして確かめると、だいたい耳の高さが1m数10cm以上に上にあると聞こえます。録音機を手に持っていられませんので、ガードレールの上に置いておいたら、もう声は入っていませんでした。車の屋根の上の置いたYAMAHA W24には、入っていました。
 オオコノハズクは、前方にある山の斜面の森で鳴いています。そして、私たちの目の前にはオオバヤシャブシが並んで生えています。どうも、立つことで樹木の上を越えて伝わってくる音が聞こえて、座るとこの木によって音が遮断されてしまうようです。
 高い音は波長が短いの隙間を通り抜けるが遠くまで聞こえない、低い音は波長が長いので遠くまで聞こえるが遮蔽物があると聞こえないという特性があります。樹木の中にいる小鳥が高い声で鳴くのは、音の性質を利用しているからにほかなりません。この程度の木があるだけで聞こえない声で鳴き、その理論を無視して、低い声で鳴くオオコノハズク。この謎は、魅力的です。

« アナグマ-霧降高原きすげ平園地 | トップページ | 満開のツツジ-稚児の墓 »

観察記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/556172/59715227

この記事へのトラックバック一覧です: 立つと聞こえるオオコノハズクの声:

« アナグマ-霧降高原きすげ平園地 | トップページ | 満開のツツジ-稚児の墓 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ