« 香取鳥見神社の御利益 | トップページ | アナグマ-霧降高原きすげ平園地 »

2014年5月24日 (土)

R-09で96kHZ/24bit録音

  インターネットとはうれしいもので、いろいろな情報を得ることができます。たまたま見た価格コムの書き込みに、ローランドのR-09で96kHz録音する方法が書かれていました。下記URLです。
 http://bbs.kakaku.com/bbs/20777010118/#17192762
 R-09は、小型メモリー録音機の魁の機種です。発売当時(2006年4月)は、手頃な値段もあいまって一世を風靡いたしました。
  R09140523
 ところが、たった8年しか経っていないのに化石的な存在となりました。理由のひとつが、今や当たり前となった96kHzの高品位な録音ができず、48kHz/24bitまで。それをできるようにする裏技の紹介です。
 まず、R-09本体のファームウェアをバージョンアップします。最新バージョンは、Ver.1.31です。これは、スイッチを入れると現れるアニメーション画面で確認できます。  ファームウェアのバージョンアップは、下記URLです。
 http://www.roland.co.jp/support/article/?q=downloads&p=R%2D09&id=1811971
 バージョンアップするために、メモリーカードを挿入し、電池を入れるのを忘れずに。また、圧縮されたファームウェアを解凍→本体をUSBでつないでメモリーカードに転送→Recボタンを押しながら、電源を入れることでバージョンアップ用のメニューがでます。これに従って操作してください。ちなみに、ファームウェアをアップすることで、32GBまでの SDHCメモリーカードも使用可能となります。
 メニューの出し方が裏技だそうで、REPEATボタンを押しながらMENUボタンを押すことで裏メニューが表示されます。この中に、今までにない”Special Setup”という項目がでてきます。さらに、この中の”Use High Rate”があり、これをONにします。
 そして、メインメニューに戻り”1.Recorder setup”の”Sample Rate:”を見ると、今まで表示されることのなかった88.2kHzと96.0kHzの項目が出てきます。それを選択することで、最近の機種同様に高品位録音が可能となります。
 実際に試してみましたが、見事成功。また、価格コムには「電源を切ると設定が戻る」とありますが、何度か試しましたが電源を切っても設定は生きていました。
 いずれにしても、まだまだ活躍の場のあるR-09となりました。

« 香取鳥見神社の御利益 | トップページ | アナグマ-霧降高原きすげ平園地 »

機材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: R-09で96kHZ/24bit録音:

« 香取鳥見神社の御利益 | トップページ | アナグマ-霧降高原きすげ平園地 »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ