« 下村兼史さんと高野伸二さんのお墓参り-あきる野市 | トップページ | 『朝の小鳥』8月放送分スタジオ収録-金精峠の鳥たち »

2014年7月 7日 (月)

アリスイは雌も鳴くのか

 初めて北海道でアリスイの声を聞いたときはわからず、2年越しでやっと姿と声が一致した思い出があります。このアリスイの声を録ろうと、繁殖地の北海道や越冬地の東京周辺で何度か試みていますが、なかなか良い音が録れませんでした。
 今回たずねた山形県ではアリスイがあちこちで繁殖していて、幸いなことに鳴き声を録ることができました。YAMAHA W24でタイマー録音、午前4時17分頃です。1,500Hz以下の低音ノイズを軽減、アリスイの音域のボリュームを増幅、軽くノイズリダクションをかけています。
 



 最初のほうは声が重なっているので、2羽が鳴いているのがわかると思います。また、強めの声と優しげな声が交互に聞こえます。聞きようによっては、強い声が雄、優しい声が雌で、雌雄で鳴き合っているようにも思えます。もし、雄同士で鳴き合うならば、もっと緊迫感のある鳴き方になるのではと思いました。しかし、ネット上にアップされている論文などをチェックしたのですが、「雌も鳴く」という記述を見つけることができませんでした。
 同じキツツキの仲間のアカゲラは、雌もドラミングをしてよく鳴きます。アオゲラの雌は、雄とは違う声で鳴き、声により雌雄の区別ができます。しかし、キツツキ類とは言え異色のアリスイですから、そのルールが合うかどうかわかりません。そもそも雌雄の区別のつきにくい鳥なのですから、鳴いているところを見て雌雄を確認することが困難です。
 アリスイはドラミングをするかという課題に加えて、雌も鳴くのかという課題が増えました。

« 下村兼史さんと高野伸二さんのお墓参り-あきる野市 | トップページ | 『朝の小鳥』8月放送分スタジオ収録-金精峠の鳥たち »

観察記録」カテゴリの記事

コメント

松田様

 いつも拝見させていただいております。
 アリスイのメスも鳴くのかとの件については、NHKダーウィンが来た!2011年10月23日放送「”鳥の敵”に化ける鳥」の中でカップルが鳴き交わしていました。
 また、ドラミングについては、山渓ハンディ図鑑7『日本の野鳥』(初版第1刷)に「抱卵交代の時などにはドラミングをする」との記述がありました。

コムクドリ様
 アリスイが雌も鳴くことについての情報ありがとうございます。他の方からも海外のサイトに雌も鳴くと書いてあるとメールをいただくなどしております。
 アリスイの雌が鳴くことは、通常のことのようで、知らなかったのは私だけでした。
 ドラミングについては、ドラミングをやらないという記述もあります。また、今回、見たと情報を寄せてくれた方もいらっしゃいました。ドラミングは、いつもはやらないが、少しはやるといったところでしょう。

松田様

先日、MFでアオゲラがヒョーヒョーと鳴き交わしていました。
手前で確認できたのは、♂でした。どちらの声も、私には同じように聞こえました。
 ♂♀の鳴き声の違いはどのようなものなのか、録音があれば、お聞かせいただければ幸いです。

コムクドリ様
 アオゲラの早春限定の声だと思います。今まで、録音をしたことはありますが、雌雄の確認はできていません。
 あしからず、ご容赦ください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/556172/59944037

この記事へのトラックバック一覧です: アリスイは雌も鳴くのか:

« 下村兼史さんと高野伸二さんのお墓参り-あきる野市 | トップページ | 『朝の小鳥』8月放送分スタジオ収録-金精峠の鳥たち »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ