« 『鳥ビア』-ご紹介 | トップページ | ツキノワグマの声か-日光 »

2014年8月 3日 (日)

気になるソフト-Spectral Layers Pro2.1

  これだけメモリー録音機が普及しているわりには、音楽用の編集ソフトの開発が遅れています。私自身、AdobeのAudition3.0をもう6年以上も使い続けています。この金額で、スペクトル表示ができる編集ソフトはこれしかないためです。Cool Editの時代から考えれば、録音歴と同じくらいこのソフトのお世話になっています。
 ということで、ときどき他のソフトがでていないかリサーチをしています。今回見つけたのは、Spectral Layers Pro2.1です。
 名称通り、データをスペクトル(声紋)で表示し編集することができるソフトです。また、3次元表示もできます。操作は、フォトショップなどの画像ソフトライクで、視覚的に編集していきます。また、音源の周波数構成の解析、倍音構成の解析、特定の楽器音の抽出、不要な音成分の削除、ノイズリダクション機能もあるとのこと。
 また、SOUND FORGE PRO 11とはシームレスの連動しているので、波形とスペクトルを自在に切り替えて編集ができるはずです。
 まずは、お試し版をダウンロードして、使って見ました。第一印象は早いです。Audition3.0だと、もったりとした感じでスペクトルが表示されていきますが、あっという間です。それもきれいです。ウグイスのさえずりを3D表示してみました。モノラルに変換して、ウグイスの声のあるところを拡大しています。
Layer140803

 Windows、Macintoshどちらもあります。本日の価格の最安値は、36,288円。アカデミック版が30.551円となっています。現状は、英語版としてのリリースですが、年内に日本語版がリリースされ、無償アップデートできるとのことです。まずは、試用版で試してみてはいかがでしょうか。
 メーカーのURLです。
 http://hookup.co.jp/products/sonycreativesoftware/spectralayers/SLP2.html

« 『鳥ビア』-ご紹介 | トップページ | ツキノワグマの声か-日光 »

機材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 気になるソフト-Spectral Layers Pro2.1:

« 『鳥ビア』-ご紹介 | トップページ | ツキノワグマの声か-日光 »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ