« 『朝の小鳥』10月放送分、スタジオ収録-話はデング熱 | トップページ | レコードを聞く-『鶯の啼声 名鳥「寿」』 »

2014年9月14日 (日)

ふなばし三番瀬海浜公園

 本日は、千葉県船橋市にあるふなばし三番瀬海浜公園へ。
 午前10時に到着すると50人ほどの集団に遭遇、話かけたら日本野鳥の会富士裾野支部の方々でした。干潟は、まだ満ちていて、シギやチドリの影もありません。
 波打ち際にトウネンが1羽いて、これが警戒心のない個体でしたので、カメラに囲まれていました。しかし、あとでヨーロッパトウネンのウワサがあったので、よく見ると初列風切羽が尾羽より長いというヨーロッパトウネンの特徴がありました。
 これを教えてくれたのが、柚木さんの偲ぶ会でお会いしたS津さんでした。S津さんからは、1975年に行われた蒲谷鶴彦先生主催の三宅島の録音ツアーでアルバイトで同行、そのときの貴重な写真を見せていただいたことがあります。その記事は下記URLです。
 http://syrinxmm.cocolog-nifty.com/syrinx/2011/11/-1975-453c.html
 しかし、なかなか潮が引きません。ヒマなので、東側の堤防に行くと、ここにも1集団がいました。中野泰敬さん率いるワイバードのツアーの方々でした。今日は鳥よりも人との出会いが多いですね。
 12時頃になって、やっと干潟が顔を出し始めました。しかし、肝心の鳥がやってこないです。かろうじてやって来たのは、オオソリハシシギが4羽、キアシシギ1羽、ダイゼンが10数羽、ハマシギ1羽、ソリハシシギ数羽といったところです。ミヤコドリは、10数羽の群れが沖合を飛んで行き、干潟には下りないで姿を消してしまいました。今は秋の渡りの最盛期のはずなのですが、寂しい限りです。
 おかげで、いろいろな方と旧交を温めたり、貴重なお話しを聞けたりして、秋の日を一杯に浴びることができた一日でした。
 潮が引かないので、海の大きさがわかります。
Sanbanze1409141

« 『朝の小鳥』10月放送分、スタジオ収録-話はデング熱 | トップページ | レコードを聞く-『鶯の啼声 名鳥「寿」』 »

観察記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/556172/60315106

この記事へのトラックバック一覧です: ふなばし三番瀬海浜公園:

« 『朝の小鳥』10月放送分、スタジオ収録-話はデング熱 | トップページ | レコードを聞く-『鶯の啼声 名鳥「寿」』 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ