« 「男がはまるバードウォッチング」だそうです | トップページ | コウノトリの群はどこから »

2014年10月12日 (日)

葛西で探鳥会、そしてコウノトリの群れ

 今日は、日本野鳥の会のメールマガジンで募集した探鳥会でした。場所は、葛西臨海公園、参加者は約30名。台風の来襲にやきもきさせられましたが、おだやかな秋の1日となりました。初心者の方を対象とした探鳥会でしたので、双眼鏡の使い方から見つけ方など基本の”き”のお話をしました。いきなりミサゴやオオタカが出現、その後も次から次にいろいろな鳥が出てくれましたので、話はつきませんでした。
 ということで、そろそろ終わりにしようと思った時、こちらにむかってアオサギの群れが飛んできました。ところが、アオサギにしては大きいし翼の形が違います。双眼鏡で見ると、なんとコウノトリです。それも、群れでこちらに飛んできます。とりあえず「コウノトリだ!」と叫んで、皆さんに知らせます。数を数えると、7羽は少なくともいます。すぐに、木の陰に入ってしまいましたので、見えるところに移動。コウノトリの群れは、池の上をゆっくりと旋回して、また頭の上に近づいてきてくれました。参加者一同、感動の一瞬です。こんなことがあるのですね。ただし、かろうじて撮れた写真は木の陰に入った1羽のみでした。でも、コウノトリってわかりますよね。
Oriental_stork141012

 さっそくレンジャーの中村忠昌さんと連絡。彼も、他の角度から見ていました。「葛西臨海公園・鳥類園Ⅱ」のブログに、もっとわかりやすい写真が掲載されていますので、そちらもご覧ください。
 その後、降りるとしたら干潟の方だろうと探しましたが、見つけることはできませんでした。おそらく、葛西の上空にいたのは2、3分のこと。バードウォッチングは一期一会、それを実感する出来事でした。
 しかし、いったいどこから来て、どこへ行ったのでしょうか。7羽というのは、家族群にしては多いです。さらに、白と黒のコントラストがはっきりした個体ばかりでしたので、成鳥の群れだと思いました。また、中村さんが撮影された個体を見る限り、脚輪が着いているようには見えません。ということは、豊岡で放鳥された個体ではなく、大陸から渡ってきた天然物なのでしょうか。それとも、撮れなかった個体に脚輪があったのでしょうか。
 いずれにしても、これだけの群れですから今後、どこかで発見される可能性があります。脚輪の有無が、確認できれば面白いですね。

« 「男がはまるバードウォッチング」だそうです | トップページ | コウノトリの群はどこから »

観察記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/556172/60466102

この記事へのトラックバック一覧です: 葛西で探鳥会、そしてコウノトリの群れ:

« 「男がはまるバードウォッチング」だそうです | トップページ | コウノトリの群はどこから »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ