« 『朝の小鳥』11月放送分スタジオ収録-蒲谷の法則 | トップページ | 葛西臨海公園でタイマー録音-アオアシシギの声 »

2014年10月19日 (日)

ジョウビタキのさえずりか?-葛西臨海公園

 このところ、探鳥会の下見、本番と葛西臨海公園に通っています。そう言えば、葛西でタイマー録音を仕掛けたことはありませんでした。といういうことで、昨日仕掛け、本日回収と、また葛西詣をしました。
 1台目の回収を無事に終えて歩いていると、頭の上からモズのぐぜりが聞こえて来ました。こんな近でモズのぐぜりを聞いたことはないので、これはラッキーと録音機を向けました。しかし、モズのぐぜりにしては声量が大きく聞こえます。近くで聞くとこんな感じになるのかと、少し疑問に思っての録音です。PCM-D100で録音。3,000Hz、2,000Hz、1,000Hzと段階的にノイズを軽減、ボリュームを少しアップ、ノイズリダクションをかけています。

 声は、全体的に高く3,000~8,000Hzにあり、さらにその上に薄く倍音がでます。そして、ボリュームを大きくすると声が割れてしまうデリケートな声です。ようするに、1音の音域が幅広く、広いものでは4,000Hzもあります。
 2分ほど録音すると、声のするところから1羽の鳥が飛び立ち声が聞こえなくなりました。声の主が飛んだと思うのですが、視野の隅を飛んでいた鳥影はとてもモズとは思えませんでした。大きさはスズメより小さく、細く長めの尾の小鳥でした。視野の隅でしたので、色はわかりません。そばで、見ていたカミさんも同じ意見で、モズではないことになりました。鳴いていた鳥はモズで、飛んだ鳥が別の鳥の可能性もありますが、モズではないと思って聞くと、やはりモズのぐぜりとしては、はっきりしすぎています。それに、警戒心の強いモズに、そんなに近づけるとも思えず頭をかしげるばかりです。
 ウォッチングセンターに行って、レンジャーの方々にも聞いてもらいましたが、不明。場所を、お教えして注意してもらうことにいたしました。
 その後、いろいろ考え、一つの可能性としてジョウビタキのさえずりが浮上しました。ジョウビタキのさえずりは、カミさんが韓国で聞き録音をしてます。それならばと、xeno-cantoで”Daurian Redstart”を検索すると、さえずりもいくつかアップされていました。しかし、バリエーションの多い鳥であることがわかりました。ただ、音質は共通していて、葛西で録音したものと似ていることがわかりました。
 とにかくバリエーションが多い鳥で、ぴったりと一致くれないのが消化不良の感があります。姿を見るのがいちばん早いので、またしばらく葛西詣をしなくてはなりませんね。

« 『朝の小鳥』11月放送分スタジオ収録-蒲谷の法則 | トップページ | 葛西臨海公園でタイマー録音-アオアシシギの声 »

観察記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/556172/60510963

この記事へのトラックバック一覧です: ジョウビタキのさえずりか?-葛西臨海公園:

« 『朝の小鳥』11月放送分スタジオ収録-蒲谷の法則 | トップページ | 葛西臨海公園でタイマー録音-アオアシシギの声 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ