« 『朝の小鳥』スタジオ収録-12月放送分 | トップページ | かも展-箕輪義隆作品展 »

2014年11月17日 (月)

初冬の中禅寺湖南岸を歩く

 週末は日光でした。土曜日午後はだいや川公園を歩きました。日曜日は、日光野鳥研究会の自然観察会で中禅寺湖の南岸を皆で歩きました。
 寒かったです。まだ、身体が寒さに慣れていないからでしょうか。防寒は、ヒートテック+厚いフリースと羽毛服という中の下ランクの準備だったのですが、中の上ともう2ランク上げても良かったです。
 日曜日は、午前9時30分から開始でしたが、風もあってなおさら寒かったです。寒いと鳥も出てきません。おかげで、植物や菌類の観察をしながら歩きました。昼を過ぎると少し温度が上がってきて、それに伴い野鳥たちも行動を始めました。お弁当を食べている会員のO島さんの1mほど後ろにアトリがやって来たのは、そんな時でした。鳥にいちばん近いO島さんなのですが、皆に動かないで言われて見ることができません。思う存分、写真が撮れてやっと動くのを許されました。この後も、エナガやコガラのカラ類の群に囲まれたり、カケスが頭の上に来てくれたりして、平均すれば上々のバードウォッチングを楽しめました。
 この日の記録で気になったのは、中禅寺湖にカンムリカイツブリがいたことです。私の記録では初めてです。仲間も、ここでは見たことのある人はいませんでした。カワウが増えて定着し、そのあとアオサギが増えて来ました。それを、追随するようにカンムリカイツブリがやって来たことになります。加えて、カワアイサも増加傾向にあります。いずれも、大型の魚食性の鳥たちです。
 単純に魚が増えていることになるのでしょう。鳥を見ていると、湖の自然が変化していることが実感できます。
 写真は、雪雲が抜けると雪化粧して顔を出した白根山です。
Sirane141116

« 『朝の小鳥』スタジオ収録-12月放送分 | トップページ | かも展-箕輪義隆作品展 »

観察記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/556172/60668259

この記事へのトラックバック一覧です: 初冬の中禅寺湖南岸を歩く:

« 『朝の小鳥』スタジオ収録-12月放送分 | トップページ | かも展-箕輪義隆作品展 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ