« 『拝啓、薮内正幸様』のご紹介 | トップページ | 講演「野鳥の父・中西悟堂と善福寺」 »

2015年3月27日 (金)

筑波みやげ「ふくろうの卵」

 カミさんが筑波山に行ったおりにおみやげに「ふくろうの卵」を買ってきてくれました。もちろん本物ではなく、お菓子です。 茨城県つくば市にある八木製菓の商品です。
 Eggofowl1503271_2
 パッケージです。
Eggofowl1503272_2
 ほうじ茶といただきました。

 なんでも、つくば市の鳥がフクロウだそうです。それにちなんで「ふくろうの卵」というお菓子を作ったとか。お菓子は、小さなニワトリの卵くらいの大きさです。卵型をしています。まわりは褐色をしていて、つくば市産の小麦粉「ユメシホウ」を用いた麦焦がしをまぶした皮、中は刻んだ栗を練りこんだ白餡です。なお、保存料無添加の菓子だそうです。味は、上品な甘味をしていて、まわりの香ばしさと餡がマッチしていました。
 ただし、フクロウの卵は白、また一方が細くなった卵型ではなく、丸みのある形をしてます。これは、フクロウが樹洞で繁殖するため、保護色の必要がなく色は白、転がることもないので球形をしていると言われています。
 おっと、和菓子を監修しても一銭にもなりませんね。

« 『拝啓、薮内正幸様』のご紹介 | トップページ | 講演「野鳥の父・中西悟堂と善福寺」 »

徒然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 筑波みやげ「ふくろうの卵」:

« 『拝啓、薮内正幸様』のご紹介 | トップページ | 講演「野鳥の父・中西悟堂と善福寺」 »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ