« 早春から初夏-さえずりの変化を波形で表す | トップページ | デジスコ通信に投稿-野鳥産業が成り立つ時代 »

2015年5月12日 (火)

何かが道をやって来た

 先日の『数打ちゃ当たるタイマー録音』の記事のなかの「6時27分に哺乳類と思われる謎の声が入っていました」の謎の声が気になるというメールをいただきました。こんな声です。
 YAMAHA W24で録音、ボリュームを少しアップ、ノイズリダクションをかけています。



 置いてある録音機に向かって歩いてきて、小声で鳴いたあとに録音機の前で大きな声で鳴き鼻息をかけ、さらに鳴いてくれました。
 ドスドスというような大きな足音がしていないので、ツキノワグマはもとよりシカではないと思います。サルの声は、だいたいマスターしているので違うと思います。キツネ、タヌキ、アナグマでしょうか。あるいは、もっと小さいテンの声の可能性もあります。哺乳類の声って、情報が少なくて確認するのが難しいですね。

« 早春から初夏-さえずりの変化を波形で表す | トップページ | デジスコ通信に投稿-野鳥産業が成り立つ時代 »

考証」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/556172/61580251

この記事へのトラックバック一覧です: 何かが道をやって来た:

« 早春から初夏-さえずりの変化を波形で表す | トップページ | デジスコ通信に投稿-野鳥産業が成り立つ時代 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ