« フクロウ、雄の地鳴きか? | トップページ | 今日から夏休みということで「夏休み子ども科学電話相談」 »

2015年7月18日 (土)

戦場ヶ原の謎の声

 今回の日光での録音では、およそ30時間分の音源があります。こうなると、全部聞くわけにはいかず、声紋表示させて音のある部分だけチェックしたり、変わったパターンが出てくると、聞いてみるというやり方で必要な音を探します。
 これだけあると、やはり謎の声が収録されていました。YAMAHA W24でタイマー録音、目的の音域のボリュームアップ、2,500Hz以下のノイズの軽減、ノイズリダクションをかけています。それでも、音源が遠いため聞きづらいことを予めご了承ください。



 場所は戦場ヶ原です。湿原に隣接した明るい林の下に置いた録音機に入っていました。音が遠いので、草原のほうで鳴いていたのかもしれません。また、時刻は午前3時23分、まだ暗い時間です。オオジシギが鳴き始めるのが、この30分後の3時43分、早起きのアカハラが鳴き始めるのは40分後の午前4時2分で、アカハラが鳴きやんだ4時17分頃からわき上がるように他の小鳥たちが鳴き始めます。ですから、小鳥の鳴く時間としては1時間ほど早いことになります。
 謎の声は、短い連続音が2回、長めの声が1回続きます。カタカナで書けば短く「ピピピ」で、長めの方は声がだんだん強くなり尻上がりに鳴いています。音は、2,800~3,300Hzに渡ってあります。いかにも小鳥の声に聞こえますし、よくある小鳥の鳴き声の音域に該当します。また、たったこれだけで小鳥が鳴き始める時間には鳴いていませんでした。
 印象として、いちばん近いのはソウシチョウの地鳴きです。ソウシチョウの地鳴きには、濁った声と澄んだ短い声を連続して鳴く2つのパターンがありますが、後者に似ています。ただ、ソウシチョウが夜に鳴くのでしょうか。また、私の日光におけるソウシチョウの記録は、1992年1月1日に所野で2羽が鳴いていた以来ありません。20年以上前のことです。
 外来種のソウシチョウの侵入は困りますが、声の質がちょっとソウシチョウとは違うように聞こえ、やはり謎の声としました。ヒントなりいただければ幸いです。

« フクロウ、雄の地鳴きか? | トップページ | 今日から夏休みということで「夏休み子ども科学電話相談」 »

観察記録」カテゴリの記事

コメント

この声はソウシチョウの声ではないでしょうか、声紋を見ますと以前私が録音したソウシチョウの声の周波数域が2,800~3,300Hzにあるのも一致します。
http://katyotyaya.web.fc2.com/koe/sosityo-z-150711-DR0000_0025.mp3

申し訳ありません、上記アドレスをクリックしても開け無いようですので、アドレスをコピーして貼り付けていただければ、開けるようです。

kochan様 いつもありがとうございます。私もソウシチョウに似てると思いましたが、最後の節が気になりました。ソウシチョウを今まで、それほど聞いていないのでなんとも言えません。
これからは、地元の仲間にも情報を流して、姿の確認をしたいと思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/556172/61905992

この記事へのトラックバック一覧です: 戦場ヶ原の謎の声:

« フクロウ、雄の地鳴きか? | トップページ | 今日から夏休みということで「夏休み子ども科学電話相談」 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ