« 今年もヤマシギ-戦場ヶ原 | トップページ | 戦場ヶ原の謎の声 »

2015年7月17日 (金)

フクロウ、雄の地鳴きか?

 話が前後してしまいますが、先日アップした「威嚇するフクロウの雌の声か」の次のネタです。現場ではこの声を聞いていたのですが、家に帰ってきたら20G以上あるデータに埋もれてしまい、見つけ出すのに苦労しました。
 ということで、雄の地鳴きらしい声です。日光の山中に、仕掛けた録音機に入っていました。YAMAHA W24で録音、フクロウの声の音域を増幅、300Hz以下のノイズの軽減、ノイズリダクションをかけています。また、今回は長いので、ステレオをモノラルに変換して600Mに納めています。



 録音開始時の午前3時から9分40秒にわたって、鳴き続けていました。ですので、もっと前から鳴いていたかもしれません。
 この声は、今まで聞いたことはありませんし、もちろん録音したのは初めてです。まずフクロウ系の声であることとは間違いないでしょう。フクロウの雌の声が入っていた場所ですので、フクロウでしょう。ちなみに、雌の声はこのあと1時間20分後に鳴いていました。
 フクロウ雄の地鳴きの記述、あるいは公表された音源を見つけることができませんでした。ですので、判断が難しいのですが、雄の地鳴きではないかと思います。あるいは、大きくなった雄の幼鳥の可能性もあるかもしれません。
 早春に聞かれるいわゆる”笑い鳴き”は、同じ系統の声ですが、1秒間に5、6回鳴き、間隔は0.2~0.3秒、さえずりの前後や中休みしたときに鳴きますので、求愛などの繁殖に関連した意味があると思っています。(→以前の記事「笑うフクロウ」参照)
 今回の声は、声と声の間が5~9秒ととても長い上に、声量は少なく控えめに鳴き、地鳴きの感じがします。「ここにいるよ」という合図の意味かなと思います。

« 今年もヤマシギ-戦場ヶ原 | トップページ | 戦場ヶ原の謎の声 »

観察記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/556172/61900408

この記事へのトラックバック一覧です: フクロウ、雄の地鳴きか?:

« 今年もヤマシギ-戦場ヶ原 | トップページ | 戦場ヶ原の謎の声 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ