« モズの雌の声-芝川第一調節池 | トップページ | 自然の生命を描く10人展 »

2015年9月28日 (月)

ゴイサギのねぐら立ち-芝川第一調節池

 昨日、芝川に録音機を3台置き、本日回収してきました。先日の記事のようにモズの声は、なかなか録れません。DATの時代は、マイクを向けスイッチを入れている間に鳴きやんでしまい、モズの声は一生録れないかもしれないと思ったものです。
 ところが、長時間録音やタイマー録音できるメモリ録音機の登場でソングポイントがわかれば、その近くに置くことで録音できる可能性が出て来ました。それも、朝の静かな時間に録音してくれるのですから、ノイズの多い場所でもなんとかなるはずです。ということで、録音機を置いてきました。ただ、見つけたソングポストの近くに隠せる場所が少なく苦労しました。現在、膨大なデータのチェック中ですが、少なくとも近くで数回は鳴いてくれていました。まずは、成功です。去年は、日光で同じ方法で、成功していますので、モズのような鳥には有効な手段と言えるでしょう。
 ところで、モズの他にもいろいろな音が録れました。ひとつが、ゴイサギのねぐら立ちです。LS-14で録音、虫の音域のボリュームを下げています。500Hz以下のノイズを軽減しています。全体にボリュームを上げて、ノイズリダクションをかけています。



  時刻は、午後6時15分頃、2羽が鳴き合いながら飛んで行きます。昨日の日の入りは5時30分頃、6時頃から虫の声がいちだんと高まります。そして、あたりはかなり暗くなった中、ゴイサギたちがねぐらを飛び立って行きました。
 芝川で、ゴイサギを見ることはあまりありません。ときどき、ヨシの生え際でじっとしているのを見ることがありますが、多くはありません。鳴き会って、飛んで行くようすはこのほかにも録音されていました。昼間見ることの少ない鳥が意外といることがわかりました。

« モズの雌の声-芝川第一調節池 | トップページ | 自然の生命を描く10人展 »

観察記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/556172/62372175

この記事へのトラックバック一覧です: ゴイサギのねぐら立ち-芝川第一調節池:

« モズの雌の声-芝川第一調節池 | トップページ | 自然の生命を描く10人展 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ